2021.04.01

用途により自由に組み替えできる、 ハイエース用シェルフユニット 「MOBILITY UNIT HACO×HACO」4月1日より新発売!

ライフ&ワークスタイルに合わせて自由にカスタマイズできる
新発想の着脱式シェルフユニット「MOBILITY UNIT HACO×HACO」

【製品コンセプト】
コロナ禍の中、日常はもとより余暇を過ごすレジャーシーンにおいても新様式を求められる昨今、移動から宿泊までカバーできるバンライフは、旅の新定番スタイルとして広まりを見せています。

キャンピングカー製造メーカーのトイファクトリーでは、より多くの方にバンライフを楽しんでいただけるよう、また車を日常から仕事用途まで幅広く活用できるよう、トヨタ・ハイエース専用の着脱式シェルフユニット・シリーズ「MOBILITY UNIT HACO×HACO」を開発いたしました。

簡単に組立できるユニット「箱」については工具を使わず車体に着脱できるので、構造変更届が不要かつハイエースの積載性を損ねることがありません。

キャンピングカースタイルの車中泊から、移動事務室車としてのリモートワーク、移動販売車としてのショップスタイル、移動サロンとしてのネイルサロンやペットトリマー等、車内空間を自由自在に創造できるモビリティユニット・ハコハコで、あなただけのバンライフを実現してください。

【製品特徴】
●トヨタ・ハイエースベースのキャンピングカー販売台数のトップシェアを持ち、2020年キャンピングカーアワードを獲得した製造メーカー・トイファクトリーがデザイン&設計を行う着脱式モビリティ・ユニット・システム

●MOBILITY UNIT HACO×HACOは荷物扱いのため、事前の構造変更申請が不要の独自のユニットシステムを採用。※特許出願済み
また、車体の改造を伴わずベース車両本来の安全性を損ないません。

●組み立てたユニットは、工具無しで簡単に車体へ脱着できるので、ハイエースの積載スペースを自由に活用できます。●ベースユニット(ボックス)内部のパーツについても各種リリースし、収納物に合わせたカスタマイズが可能。

また、利便性を高めるシンクユニットやテーブルユニット等も追加発売予定。

●MOBILITY UNIT HACO×HACOはトヨタ販売店でも取り扱いされるので、車両メンテナンスと同様に販売店でのサポートが受けられます。
※取扱いのあるトヨタ販売店は[正規販売店]の項をご参照ください。

【想定使用シーン】
●平日は仕事用、週末はキャンピングカースタイルのレジャー用途として
●リモートワークやワーケーション用の移動事務所として
●ネイルやマッサージ等の出張サロンカーとして
●フリーマーケットやマルシェ出店などの移動物販車両として
●宿泊場所に困らない愛犬旅行用に

【対応車種】
トヨタ ハイエース200系[標準ロング・標準ルーフ&ハイルーフ・5ドア](I型~現行)
※ワイド・ミドルルーフおよびスーパーロング車用も今後追加予定
※メーカー標準仕様車に限る
(壁面および床面加工済み車両については干渉して取り付けできない恐れがあります)
※ジャストローには非対応